JANコード

ビジネス用語として主に流通業界で使用される「JANコード」について、解説しています。(ヨミ:ジャンコード)

JANコードとは

JANコードとは、さまざまな意味を持つコードを組み合わせて「どの事業者の、どの商品か」を表す、国際的な共通商品コードです。

JANコードは、13桁でできており、左から、国コード(2桁)→事業者識別コード(7桁)→商品コード(3桁)→チェックデジット(1桁)の順に並んで構成されています。

一般的には、縦線が並んでいることから「バーコード」と呼ばれます。

JANコードの国際的な呼称

JANコードは、国際的には「EANコード」、アメリカ・カナダにおいては、「UPC」と呼ばれているコードの日本における呼称です。

【各コード名の意味】

JAN:Japan Article Number

EAN:European Article Number

UPC:Universal Product Code

JANコードは、商品に表示され、商品管理用のコードとしてPOSシステムなどで活用されています。

関連ワード

EANコード

UPC

PLUコード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする