かんばん方式

ビジネス用語として使用される「かんばん方式」について、解説しています。

(よみ:かんばんほうしき)

かんばん方式とは

かんばん方式とは、トヨタ自動車のトヨタ生産方式の1つとして、「必要なものを必要な時に必要なだけつくって運ぶ」というJust In Time(JIT:ジャストインタイム)を実現するために開発された生産管理方式のことをいいます。

「いつ、どこで、何が、どれだけ使われたか」が書かれた作業指示書の通称が「かんばん」であることから「かんばん方式」と呼ばれています。

「かんばん」には「仕掛けかんばん」と「引取りかんばん」の2種類あり、製造ラインの前工程が使用するものを「仕掛けかんばん」、後工程が使用するものを「引取りかんばん」といいます。

かんばん方式の運用の流れ

かんばん方式に基づく運用の流れは、次のとおりです。

<かんばん方式の運用の流れ>

  • 製造ラインは部品を使用する際に「引取りかんばん」を外す。
  • 「引取りかんばん」をもって、前工程へ部品を引き取りに行く。
  • 部品箱に付いている「仕掛けかんばん」を外して「引取りかんばん」を付けて部品箱を引き取る。
  • 前工程は外された仕掛けかんばんに書かれた数だけ生産を行なう。
  • 完成した部品の部品箱に「仕掛けかんばん」を付ける。

かんばん方式のメリット・デメリット

かんばん方式による現場運営のメリット・デメリットは、次のとおりです。

メリット

  • 後工程の生産スケジュールにあわせて必要なものを必要な時に必要な量だけ供給するため、無駄な在庫を持たなくて済む
  • 在庫を持たない為、在庫保管スペースやその管理にかかる人員・時間のムダがなくなる

デメリット

  • 生産拠点の近くに物流拠点がないとJIT供給*が難しい。 ※JIT供給…Just In Timeの略で必要な時に必要なものを供給すること。
  • 多頻度小口配送によりトラックの運行回数が増え、輸送効率が下がる(輸送コストやCO2排出量などが増加する可能性がある)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする