NSC:Neighborhood Shopping Center

ビジネス用語として、流通業界で使用される「NSC」について、解説しています。

(ヨミ:エヌ・エス・シー、ネイバーフッド・ショッピング・センター)

NSCとは

NSCとは、Neighborhood Shopping Center(ネイバーフッド・ショッピング・センター)の略で、近隣の小商圏をターゲットとするショッピングセンターのことをいいます。

NSCのターゲットとする商圏は、車で10分以内、商圏人口3万人程度といわれています。(日本ホームセンター研究所の定義)

対象の商圏が狭いことから、食品や日用品などの日々の買い物に使われるテナントで構成されることが多く、来店頻度が高いのが特徴といえます。

【Neighborhoodの意味】

→近所、近隣、近隣の人々

ショッピングセンターの種類

ショッピングセンターは、面積・商圏人口などの規模によって、次の種類に分類されます。

ただし、分類の基準・定義にはあいまいな部分が存在します。

  • スーパー・リージョナル・ショッピングセンター(SRSC)
  • リージョナル・ショッピングセンター(RSC)
  • コミュニティ・ショッピングセンター(CSC)
  • ネイバーフッド・ショッピングセンター(NSC)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする