物流業界で働くなら知っておきたい物流とロジスティクスの違いとは

物流業界で働いている人でも、物流とロジスティクスの言葉の定義の違いを聞かれても、説明できない人も多いのではないでしょうか。

物流とロジスティクスは同じような意味で使われることが多く、辞書をひくと「物流」の英訳が「Logistics」と出てくることもあるので「物流=ロジスティクス」と理解している人も多いと思います。

しかし、物流とロジスティクスは、本来まったく意味が異なるものです。

そこで今回は、物流とロジスティクスの定義の違いを中心に、解説します。

ロジスティクスの語源

物流とロジスティクスのそもそもの言葉の意味の違いを理解するには、ロジスティクスの語源から整理するのがわかりやすいです。

ロジスティクスはもともと軍事用語で、日本語にすると「兵站(へいたん)」。ミリタリー・ロジスティクスといいます。

兵站とは、戦争で食料や武器、兵士、医療部隊などを前線へ送る活動のことです。

戦争における兵站の役割は非常に重要で、必要なものを必要なだけ必要な場所へ計画的に供給しなければなりません。物資を送りすぎてもダメですし、足りなくてもダメで、常に適切な量に保つことが重要です。

そして、戦争の目的は「勝つ」ことですので、ロジスティクスにおいては全体の計画を組み、計画の遂行に必要な情報をきちんと収集し、計画の進捗に応じて適切なタイミングで実行することが重要となります。

戦争の世界では勝つことが全てですので、コストの概念はありません。

しかし、ビジネスの世界ではコストも重要です。

そこで、戦争におけるロジスティクス(兵站)の考え方にコストの概念を加えたものが、現代のロジスティクス(ビジネス・ロジスティクス)です。

物流の定義

一方、物流は「物的流通」から派生した用語で、英語にすると「distribution」です。

物流は、生産側から小売側に物を流通させることを表した言葉であり、指示ベースでそれぞれの業務を実行するという考え方が根底にあります。

つまり、「言われたことを言われたとおりに実行する」という機能であり、そこには目的に対する能動的な姿勢や、全体の目的に応じた戦略的な関連性は存在しません。

言われたことに対応するという受け身のため、事前の綿密な情報収集をすることもありません。

物流とロジスティクスの違いとは

このことから、物流とロジスティクスの差は、上位目的に対するコミットメントの差であるといえます。

ロジスティクスは、戦争に勝つという目的のために、必要なものを必要な場所に必要なだけ運ぶための計画や準備とそれを実行する機能をさしますが、物流は全体の中で指示された業務を完遂する機能にすぎないという違いがあります。

つまり、ロジスティクスは、物流の機能に加えて、事前の計画、情報収集などの準備があることでユーザーの要求へ適切に応える(必要なときに実行する)ことができ、ひいては、全体の目的(企業活動においては、売上の増加や利益の向上)にも貢献できるのという考えです。

分からないことはスマホで調べればすぐ分かる、いつ誰とでも情報交換ができる時代。

そのような環境の中で、時間に対する価値観も随分変わってきており、消費者の要求も高度化してきているので、「やって来てから動く」のではなく「来ることを事前に予想した動き」が大切になってきています。

売るためには在庫が必要で、それを適正なコストでオンデマンドに商品を供給するには、ロジスティクスの考え方(事前準備と実行体制)が重要となります。

例えば在庫がなくなったと聞くと、「よく売れた」「大成功」と思う人もいるかもしれません。しかし、それは必要な情報が足りておらず在庫を切らしてしまったという見方もできます。

アパレルの世界で言うと、ZARAの場合であれば、トレンド品を売り切るスタイルなので大成功ですが、ユニクロの場合はベーシックな商品を在庫を絶やさず提供するスタイルなので、失敗とみることもできます。

現代の消費者の期待に応えていくためには、物流事業者を含めたサプライチェーン全体で情報を共有、戦略的に活用し、必要なモノを、必要なだけ、必要な場所に、必要なタイミングで供給できるロジスティクスシステムが重要で、そのベースにある考え方は、ロジスティクス的発想でなければならないのです。

そして、それができない企業は、消費者の支持を得られない時代とも言えるでしょう。

まとめ:これからの時代はロジスティクス的な発想が必要

ロジスティクスの語源から、その正確な意味合いを整理し、物流との違いを整理しました。

物流とロジスティクスの言葉が持つ意味は本来違うということは押さえておくべきですが、実際の現場においては同義語的に使われることが多いのが実態ですので、ケースバイケースでその意味合いを使い分ける必要があります。

この記事を読まれた方は、まず言葉の持つ意味の違いを理解しておくこと、そしてこれからの変化のスピードの速い世の中においては、言われたことをそのまま実行する物流の考え方ではなく、ロジスティクスの考え方が必要であるとう考え方を持っておくことが重要だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする